日産

日産の期間工は正社員登用を行なっている?過去の実績は?

期間工で働くなら正社員を目指したい、そのように考える人は多くいます。しかし、メーカーによっては、正社員になるための条件が厳しかったり、そもそも正社員の募集をほとんど行なっていなかったりします。

日産自動車で期間工として働いた場合、正社員を目指すことはできるのでしょうか。

このページでは、日産自動車の正社員事情について解説していきます。

日産自動車の期間工は正社員になれるのか

日産自動車で期間工として働いた場合、正社員になることはできるのでしょうか?

結論から言うと、不可能ではないが可能性はかなり低いといったところです。

日産の正社員登用制度

日産自動車の期間工も、一応正社員登用制度はあります。期間工から正社員になるチャンスが全くないわけではありませんが、アテにするほど容易ではありません。

日産期間工の募集要項にも、「正社員登用あり!!」と書いてありますが、具体的な採用人数が書いていることはめったにありません。

メーカーにとって、期間工募集をたくさん集めるためには、正社員登用制度は大きなアピールポイントになります。しかし、具体的な人数をあまり示していないあたり、採用人数が多くはないということです。

例えば、トヨタ自動車なら「過去3年正社員登用数1080人!」、スバルなら「毎年100認定度正社員採用!」という風に、数字で示しています。アピールポイントになるほど、正社員登用を行なっていないと言うのが日産自動車の現状です。

過去の採用実績

過去の採用実績について、全く情報がないわけではありません。

とある日産の期間工募集要項には「125名正社員登用実績あり(2017年3月までの延べ人数)」との記載があります。この内容は、日産の栃木工場・追浜工場・いわき工場・横浜工場・座間工場合わせた結果です。さらに、1年間で125名ではなく、2017年3月までの延べ人数との記載です。1年間でのひとつの工場の正社員登用人数は数名であることが考えられます。

正社員になれる可能性としては、かなり低いと考えて良いでしょう。

日産自動車期間工のメリット

日産自動車で正社員を目指すのは、かなり厳しいでしょう。日産は正社員登用のメリットは薄いですが、その他の待遇面では、たくさんのメリットがあります。

  • 内訳のバランスよく高収入
  • 満了金・皆勤手当が高い
  • 寮がキレイ
  • 横浜・追浜工場は便利が良い立地

正社員登用を抜きにして考えると、日産はかなりおすすめできる期間工です。

どうしても正社員になりたいなら

日産自動車では正社員の道は厳しいですが、「期間工で働くなら正社員を目指したい!」という人も多いです。やはり正社員になるメリットは大きいです。

〜正社員になるメリット〜

  • 大手の正社員という社会的信用が得られる
  • クレジットカードの審査が通りやすくなる
  • ローンを組むことができる
  • 定年までの給料が保証される
  • 景気が悪くなっても簡単にクビにはならない
  • ボーナスが出る
  • 年を重ねるごとに給料が上がる
  • 退職金が出る

もし期間工で働くなら絶対正社員を目指したい!という場合は、正社員になりやすいメーカーから探した方が良いでしょう

まとめ

日産自動車では、正社員登用制度を用いているものの、実際正社員になれる可能性は低く、かなり狭き門となります。

期間工としての待遇は非常に良いため、普通に期間限定で働く分には申し分ありません。しかし、どうしても正社員を目指したい場合は、正社員になりやすいメーカーの期間工を申し込むことをおすすめします。