デンソー

デンソーの期間工から正社員になれる?正社員の待遇や年収を解説!

デンソーで期間工として働きながら正社員を目指したい」そう思っている人は多いのではないでしょうか。

高待遇・高収入であるデンソーの期間工では、どのように正社員登用を行なっているのか気になるところですよね。

このページでは、デンソーの期間工からの正社員登用について、詳しく解説していきます。

そもそもデンソーとは?

出典:デンソー

期間工を募集しているメーカーを調べていると、トヨタ・日産・ホンダなど、だいたい名の知れた自動車メーカーが出てきます。

その中で「デンソー」という会社を初めて知った人も多いと思います。そもそもデンソーとはどのような会社なのでしょうか。

デンソーは自動車部品メーカー

出典:デンソー

株式会社デンソーは、愛知県に本社を構える自動車部品メーカーです。

もとは、トヨタ自動車工業の開発部門である「電装部」から始まりました。のちに「日本電装株式会社」としてトヨタから分離独立し、1996年に「株式会社デンソー」に社名を変えました。デンソーは、現在もトヨタグループに属しています

デンソーは、15万点以上の商品を取り扱い、130以上の世界初を生み出し、世界トップシェアの商品を数多く持っています。

出典:ウィキペディア

デンソーの期間工は高収入

デンソーの期間工は、他のメーカーと比べて高収入であることが特徴です。

基本の給料となる日給が高く、また契約満了ごとにもらうことができる満了金も非常に高額です。年収にすると450万円を超えるのも普通で、年収500万円以上も十分に可能です。

期間工のメーカーの中でもトップクラスの収入の良さです。「給料が良いデンソーで期間工として働きつつ正社員を目指したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

デンソーの正社員登用について

出典:デンソー 

デンソーの期間工から、果たして正社員になれるのでしょうか?

正社員になりやすい・正社員になりにくい」の大きな判断材料として、以下のものがあります。

・過去の正社員登用実績
・今後の正社員登用予定数

過去にどのくらい正社員登用しているのか、これからどのくらい正社員登用していくのかが大事なポイントになります。「正社員登用制度あり」と募集要項に書いてあっても、年間数人しか採用していない場合もあります

必ずしも「大きな会社だから、事業の調子が良いから正社員登用が多くなる」というわけではありません。それぞれの会社にも戦略や考えがあります。そのため、正社員登用の実績や、公表している予定数を参考にする必要があるのです。

基本的に、期間工から正社員になるのは狭き門だと思っておいて良いでしょう。多くの人が正社員という安定や、社会的信用を欲しがっていることに間違いありません。

デンソーはどのくらい採用しているのか

出典:デンソー

デンソー採用実績をみてみましょう。

〜デンソー 期間従業員からの正社員登用数〜

2015年度採用実績:85
2016年度採用実績:108
2017年度採用実績:175
2018年度採用計画:250

デンソー の正社員登用数は、右肩上がりで増えてきています。2016年度からは100人以上の採用を行っています。

年間数人か採用していないようなメーカーでは、採用人数を公表していません。デンソーは「採用情報」という形できちんと採用人数を公開しています。これが正社員登用に関して積極的な会社と言えるでしょう。

出典:デンソー

トヨタグループにしては採用が少なめ?!

デンソーはトヨタグループの会社ですが、実はその中では正社員登用数が少なめなのです。

というのも、トヨタグループ自体が正社員登用に関して非常に積極的です。同じトヨタグループである、トヨタ自動車アイシンAWの方が圧倒的に採用しています。

トヨタ自動車・・・過去3年間で1080人の正社員登用
アイシンAW・・・1年間で750人の正社員登用を計画

トヨタ自動車やアイシンAWは、非常に多くの人数を採用していることがわかります。それと比べると、デンソーはトヨタグループにも関わらず、年間100人や200人程度の採用です。

もし、正社員になることが一番の目的なら、トヨタ自動車アイシンAWの期間工を検討した方が良いかもしれません。

トヨタ期間工から正社員になれる?給料や年収、年齢や試験内容は?

アイシンAWは期間工から正社員になりやすい!社員登用のポイント

デンソー正社員登用試験の内容

デンソー では、正社員登用試験に合格して正社員になることができます。

受験資格・・・デンソーの期間工で6ヶ月以上在籍している者

【1次試験】筆記試験・適性検査
【2次試験】所属部署での面接試験
【最終試験】本社での面接試験

では、正社員登用試験の内容についてみていきましょう。

【1次試験】筆記試験・適性検査

まず、1次試験として筆記試験・適性検査があります。

筆記試験は、SPIによる試験です。SPIとは、リクルートが提供している適性検査のことで、多くの企業の採用試験で用いられています。

試験内容自体は、中学レベルの学科試験なので、難しいことはありません。しかし、勉強せずにいきなり本番で解けるほど甘くはないため、事前にきちんと勉強しておく必要があります

期間工から正社員になった先輩に参考書を借りたり、本屋で買ったりして、基礎をきちんと固めておきましょう。

【2次試験】所属部署での面接試験

1次試験に合格すると、2次試験には面接試験があります。

面接の基本ですが、試験管の目を見てハッキリとした口調で話すようにしましょう。同じことをいったとしても、話し方や態度で大きく印象は違ってきます。

志望動機や職歴について、今の仕事で頑張っていることや正社員になってからの働き方など、様々な質問を予測して、答えを自分の中で準備しておくようにしましょう。

期間工から正社員になった先輩や、上司に面接の質問の傾向などを聞くと良いでしょう。普段から円滑な関係を保っていると、相談にのってくれたり、面接の練習をしてくれたりしますよ。

【最終試験】本社での面接試験

最終試験は、本社での面接試験があります。

以前までは最終試験は、面接試験と作文がありましたが、現在作文は廃止されているようです。

最終試験は、1次試験や2次試験と比べて厳しいとの声があります。自分の武器となる点・強みとなる点をしっかりと持ってのぞむようにしましょう。

デンソーの正社員の待遇や年収は?

デンソーの正社員になった場合の、待遇や年収についてみていきましょう。

正社員のメリット・デメリット

正社員になることによるメリット・デメリットをみてみましょう。

メリット
  • 月給制となり収入が安定する
  • 給料はどんどん上がっていく
  • 「契約社員」の期間工と違い、簡単にクビにならない
  • ボーナスや退職金がある
  • 正社員という社会的信用を手に入れられる
  • ローンやクレジットカードの審査に通りやすくなる

期間工から正社員になることでのメリットはたくさんあります。

収入面でいうと、月収制となり安定した給料をもらうことができます。正社員は昇給があるため、給料は上がっていきます。さらに、ボーナスや退職金が支給されます。

期間工のように契約社員ではなくなるため、例え会社の業績が悪くなっても簡単に切られることはありません

デンソー自体の一般的な知名度は低いですが、なんといってもトヨタグループであるため、高い信頼があります。ローンやカードの審査は楽々通り、親や彼女にも胸を張って言える上に世間体も守られます。

デメリット
  • 一時的に年収がダウンする
  • 仕事の責任が大きくなる

正社員になると年収が下がります。正社員は契約期間というものがないため、契約満了時に支給される満了金などがなくなります。

さらに正社員となることで、仕事に対する責任が大きくなります。しかし、これはデメリットと捉えずに、やりがいと捉えて仕事に前向きに取り組めると良いですね。

正社員になったら給料あがるんでしょ?

と考えている人は注意が必要です。正社員になると給料は期間工時に比べて必ず下がると考えて良いでしょう。

そもそも期間工の給与水準が高いのです。期間工は、必要な時に補充する期間限定の働き手です。「期間限定」という条件がつくために、満了金などの高待遇で人材を集めています。

正社員を希望するなら、数年は期間工以下の給料を覚悟しておく必要があります。

デンソー正社員の平均年収は?

正社員になった場合、年収がどのくらいになるのかが一番気になるところです。デンソーは高待遇・高収入で有名です。平均年収について確認していきましょう。

出典:平均年収.jp

デンソーの平均年収は、以上の通りです。

なんと、40代男性の平均年収が915.5万円です。”平均”の年収でこの年収であるため、デンソーがいかに高い給与体系であるかが分かります。

期間工から正社員となった場合は、やはり最初の数年は給料が下がります。しかし、このデータを見ると、すぐに追い越して期間工と大きな差ができるのが分かりますね。

デンソー正社員の福利厚生

デンソーの正社員は給与体系が良いだけでなく、福利厚生も充実しています。

  • デンソーカフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)
  • 社員食堂
  • 独身寮・社宅
  • 保養所
  • 研修センター
  • 各種文化・体育施設
  • そのほか個別制度

出典:デンソー 

デンソーカフェテイアプランとは、会社から与えられるポイントで、自分で福利厚生を選ぶことができる制度です。旅行、食事、介護、自己啓発など、様々なメニューがあり、自分に合ったものを選択できます。

また、デンソー健康保険組合とトヨタグループ健保組合の保養所を安い金額で利用することができます。割引の料金で利用できるレジャーや宿泊施設もたくさんあります。

その他に財形貯蓄制度従業員の持ち株制度もあります。

デンソー期間工への申し込み

デンソーの期間工へ申し込むには、以下の手順を踏みます。

工場求人ナビ」に入り、下にスクロールすると、メーカー別に項目が分けてあります。その中からデンソーをクリックして、デンソーの求人に入りましょう。

まとめ

デンソーは、高待遇・高収入の期間工であり、正社員になってもその体制に変わりはありません。

しかし、トヨタグループの中では採用数が少ないため、高い倍率になることが予想されます。実際に、「4回も5回も正社員登用試験を受けた」という声もあります。

今の流れでは、デンソーの正社員登用の枠も広がってきていて狙い目でもあります。これを機に、デンソー正社員を目指して期間工で働いてみるのも良いかもしれませんね。