ランキング

期間工から正社員になりやすいメーカーランキング!

「期間工で働きながら正社員を目指したい」と思っていませんか?

期間工で働く人の中には、「とにかく短い期間で稼ぎたい!」と短期的な目線の人と、「正社員になりたい、安定が欲しい」の長期的な目線の人がいます。

長期的な目線を持っている人は、”将来が不安””いい歳になってきた””妻子持ちである””結婚しようと思っている””社会的信頼が欲しい”などに当てはまるのではないでしょうか。契約社員である期間工を繰り返していても、不安はつのるばかりですよね?

正社員になりたいけれど、どこのメーカーで働けば良いのか分からない・・・」と思っている人も多いと思います。それもそのはず、働くメーカーを間違えると正社員になれる確率に大きな差があります。実は100%正社員になれないメーカーだってあります。

このページでは、期間工から正社員になりやすいメーカーをランキング形式で紹介しています。正社員になりやすいメーカーを選ぶためのポイントに沿ってランキング順位を決めています。

絶対正社員になりたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

正社員になりやすいメーカーを選ぶポイント

稼げる期間工の3つのポイント
  • 正社員登用を行なっている
  • 採用実績数が多い
  • 厳しい年齢制限がない

 

正社員登用を行なっている

正社員になるためには、正社員登用を行なっているメーカーを選ぶことが大前提です。正社員登用を行なっていないメーカーでは、何年期間工をやっても正社員にはなれません。

とはいえ、現在は正社員登用に対してどこのメーカーも積極的になっています。技術の発達で、機械化が進んでいますが、それ以上に日本の労働力不足の方が大きいです。

今は人材確保のために、正社員になりやすい流れになってきています。しかし、それがいつまで続くかは分かりません。リーマンショックのような大きな変動があって、正社員登用が厳しい時代がまた来るしれません。正社員になるために動き出すなら早めに行動を始めるべきです。

採用実績数が多い

正社員の採用実績数が多いのは、非常に重要なポイントです。

正社員登用の実績数が多いメーカーは、正社員登用に対して積極的である可能性が大きいのです。

実は、「正社員登用制度あり!」と期間工の募集要項に書いていても、年間に数人しか採用していない、ということもよくあります。正社員になる確率を上げるなら、正社員登用数が多いメーカーに応募するべきです。

正社員になりたい人は多く、正社員登用試験は基本的に狭き門です。正社員に採用する人数が少ないほど、倍率は高くなってしまいます。正社員登用実績数が多いメーカーは、受け皿が広いため、倍率が低くなり合格しやすくなるのです。

厳しい年齢制限がない

正社員になるための、年齢制限を確認しておくことも大切です。

期間工として働き始めたものの、年齢制限によって正社員登用試験を受けることができなかった」となってしまっては意味がありません。メーカーによっては、28歳以下など厳しい基準のところもあるため、注意が必要です。

一般的には、正社員として採用されるのは35歳がリミットと言われています。会社としても、若くて体力がある・今後も長く働いてくれる人材を正社員にしたいのは当然といえば当然です。

しかしメーカーによっては、35歳以上・40代でも正社員として採用しているところもあります。ある程度の年齢になってから正社員を目指す方は、そのようなメーカーで申し込むようにしましょう。

正社員になりやすいメーカーランキング

アイシンAW
正社員になりやすいメーカーランキングの1位はアイシンAWです。
その理由は、圧倒的な採用人数です。一般的に、正社員登用数は年間で100人、200人程度あれば良い方です。しかしアイシンAWは、1年間で750名の採用を公表しています。その分母の大きさより、正社員になれる確率が格段に上がります。
年齢が高い人や女性の採用も幅広く、50代の採用実績もあるようです。正社員を目指すならアイシンAWがオススメです。
採用実績 年間750名
年齢 30〜40代採用有り
期間工年収例 406万円

トヨタ自動車
正社員になりやすいメーカー第2位はトヨタ自動車です。
トヨタ自動車も、正社員採用の人数が多いです。過去3年間で1080人もの採用実績があります。
現在はどのメーカーも正社員登用の数が増えてきていますが、その先駆けとなったのがトヨタ自動車で有りトヨタグループです。
もちろん、トヨタ自動車の正社員は希望者も多いですが、採用枠も十分に多いため正社員を目指すことができます。
採用実績 3年間で1080名
年齢 30〜40代採用有り
期間工年収例 422万〜450万円

マツダ
正社員になりやすいメーカーランキング3位は、マツダです。
マツダは、正社員登用に関して積極的に取り組んでいることを明言しており、採用数も多くなってきています
マツダは、トヨタグループの期間工メーカーに比べて正社員登用実績の数は少ないですが、正社員登用試験を受けるチャンスが多いです。契約満了となる3年間の間に、最大4回の正社員登用試験を受けることができます。
採用実績 年間220名以上
年齢 40代でも積極採用あり
期間工年収例 362万円