トヨタ

トヨタ期間工から正社員になれる?給料や年収、年齢や試験内容は?

「トヨタ自動車の正社員」

肩書きの響が良いのはもちろんのこと、安心感や社会的な信頼がついてきますよね。

トヨタの期間工で働くと、正社員になるチャンスがあります。期間工からの正社員登用制度があるためです。将来のため、または安定のために正社員になりたいと思う人は多くいます。

このページでは、トヨタ自動車の正社員登用について、給料面や正社員になるための方法などを詳しく解説していきます。

トヨタは正社員登用に積極的

トヨタ自動車は、基本的に正社員登用を毎年行っています。

過去のある3年間でなんと正社員登用1080人の実績があります。トヨタがいかに正社員登用に対して積極的かが分かりますね。

2016年には、トヨタグループで1年間の正社員登用数が1000人越えしました。

出典:日本経済新聞

「正社員登用あり」といっても、年間数人しか正社員になれないメーカーもあります。トヨタ自動車は、このように具体的に数字で示しているため、正社員登用に関して自信のあるメーカーだと言えます。

2008年のリーマンショックの時には、ほとんどの期間工が契約更新されず、ほぼ全滅状態になりました。正社員は会社に守られる立場になるため、安定を求めるなら正社員になるのが得策でしょう。

正社員登用試験を受けるための条件

トヨタ自動車で、期間工から正社員になるための条件をみてみましょう。

  • トヨタの期間工で1年以上の勤務していること
  • GM(グループマネージャー)からの推薦があること

以上の2点です。

トヨタの期間工で1年以上の勤務していること

トヨタの期間工で1年以上の勤務が条件となります。働き始めてすぐに「正社員登用試験受けたいでーす!」といっても不可能です。

トヨタの期間工で1年以上働き続けること自体は、難しい話ではありません。長く期間工を勤めている人はゴロゴロいるため、きちんと根気を持って働けば1年はあっという間です。

GM(グループマネージャー)からの推薦があること

ただ長く勤めれば、皆試験が受けられるわけではありません。GM(グループマネージャー)からの推薦が必要になります。

  • 遅刻、欠勤が多い
  • 勤務態度が悪い
  • 仕事のミスが多い

などの問題がなければ、推薦はもらうことができます。しかし、「仕事中の大きなミスが原因でケガをした」等の理由で推薦が取り消しになったという話も聞きます。仕事中は、油断せずにきっちり真面目に働きましょう。

GM(グループマネージャー)は課長クラスの人であり、期間工を一人一人チェックできません。まずはあなたの身近な上司からGMへの推薦となります。露骨に態度を変える必要はありませんが、普段から上司や社員とコミュニケーションを取っておくと良いでしょう。「正社員になりたい」という旨をそれとなく伝えておくのも良いかもしれませんね。

正社員登用試験の内容

正社員登用試験を受ける条件が揃ったら、試験を受けて合格すれば晴れて正社員です。

正社員登用試験は、年4回(4月・7月・10月・1月)あります。その年の会社の状況によって回数や時期は変動する可能性があります。

試験内容は次の2つです。

  • 筆記試験
  • 面接試験

筆記試験

まずは筆記試験があります。

SPIを知っていますか? SPIはリクルートが提供している適性検査のことです。今では多くの企業が、就職試験等に用いています。

SPIにも種類がありますが、そのうちトヨタの試験では国語数学が行われます。それぞれ制限時間が国語(40分)、数学(50分)です。

内容は、中学校で学ぶレベルです。しかし、事前に勉強を行っていないと解くのは難しいでしょう。本屋に行けばSPIに関する書籍はたくさん置いてあります。

面接試験

もう一つは、面接試験です。

  • 志望動機
  • 自己PR

これらは必ず聞かれる事項です。

志望動機は、自分がなぜ正社員になりたいのか、正社員になってどうしたいのかを答えます。面接は対人なので、熱く語れば熱意は伝わります。堂々としっかりとした口調で語りましょう。

自己PRは、自分がどういう人間であるか、どういうことが得意か、どのような形で役に立っていけるか、などをいくつか考えておくと良いでしょう。

  • どのような考えで仕事に臨んでいるか
  • 仕事に対してどのような創意工夫をしているか
  • チームとして仕事するにあたって大切なことは何か

あとはこのような事項が聞かれます。聞かれる内容は大きく変わらないので、上司や身近な社員に相談して情報を手に入れるのも一つの手です。いくつか自分の中で回答を用意して、本番でサッと答えられるようにしておきましょう。

トヨタ正社員の給料や年収の変化は?

正社員になれたとして、やはり気になるのは給料面。期間工と正社員とでは給料や年収はどのように変わってくるのでしょうか。

正社員になると給料・年収が下がる?!

重要なポイントですが、正社員になると給料は下がります。誤解のないように言うと、正社員になってから”数年間は”期間工よりも給与水準が低いです。

まず満了報奨金満了慰労金がもらえません。これは、期間工だけの待遇です。現在トヨタでは3年間で300万円程度の満了金が支給されます。それが正社員になったらなくなってしまうため、大きな収入減となるでしょう。その代わりに、正社員は夏と冬にボーナスがもらえます。

トヨタの期間工の年収は、400万〜450万円程度です。正社員になると年収350万円程度になるため、およそ50万〜100万円の年収ダウンになります。

しかし、正社員は期間工と違い、年を重ねるごとに給料が上がっていきます。およそ4〜5年程度で期間工レベルの給与水準になります。それ以降は上がり続け、肩書きがつくポジションになれば年収800万円も夢ではありません。

正社員になったら給料あがるんでしょ?

と考えている人は注意が必要です。正社員になると給料は期間工時に比べて必ず下がると考えて良いでしょう。

そもそも期間工の給与水準が高いのです。期間工は、必要な時に補充する期間限定の働き手です。「期間限定」という条件がつくために、満了金などの高待遇で人材を集めています。

正社員を希望するなら、数年は期間工以下の給料を覚悟しておく必要があります。

正社員のメリット

正社員になると、数年は給料が期間工よりも下回りますが、広い目で見ると正社員の給与面でのメリットはたくさんあります。

正社員の給与面のメリット
  • 給料が安定する
  • 定年まで収入が保証される
  • 年2回のボーナスが支給される
  • 年々給料があがっていく
  • 頑張り次第で年収800万円程度までいける
  • 退職金が支給される(1000万円程度)

給与面以外でももちろんメリットがあります。

正社員の給与面以外のメリット
  • 社会的信頼ができる
  • ローンを組めるようになる
  • クレジットカードを作れる
  • 世間体が保たれる

トヨタ期間工が正社員を目指せる年齢

正社員はいくつまでなることができるのでしょうか。

どのメーカーも共通していることは、若い人ほど正社員になりやすいと言うことです。会社としても、将来長く働いてくれる・体力のある若い人に社員になってもらいたいと考えています。

正社員登用に、はっきりとした年齢の線引きはありませんが、圧倒的に20代が多いです。30代に入ってもまだ諦めることはありません。35〜40歳以降になると正社員登用がかなり厳しくなってくると考えて良いでしょう。

女性も正社員になれる?

割合として多くはありませんが、トヨタ自動車では女性の正社員もいます。昔は、男の職場!といった雰囲気でしたが、女性も働く時代になって、トヨタも積極的に採用しているようです。

女性正社員は期間工と同様に、体力面を考慮して比較的ラクなポジションにつくことが多いようです。男女構わず、若い人材は重宝されるので、正社員を目指すなら早いうちが良いでしょう。

なれる?なれない?トヨタ正社員は倍率高い?

期間工から正社員になりたいと考えている人はたくさんいます。また、トヨタも正社員にできる人数に限りがあります。

トヨタが正社員登用に積極的であっても、狭き門であることに変わりはありません。「正社員に確実になれる方法」と言うのはありませんが、本気で正社員を目指すなら以下のことは意識しておいた方が良いでしょう。

  • 日々の仕事を無遅刻無欠勤で真面目に行う
  • 上司・社員とのコミュニケーション(正社員への意思を伝える)

逆に、会社の立場に立って「この人を正社員にしたいな」と思えるような人材にあなたがなれば、正社員への道はグッと近くなります。

まとめ

・トヨタ自動車は正社員登用に積極的
・試験の受験条件は、1年以上の勤務と推薦
・試験内容は筆記試験と面接試験
・給料は一時的に下がるが、4〜5年で追いつく

トヨタ期間工から正社員になりたい人は多くいます。しかし、正社員はメリットだけではなくデメリットもあります。

給料面よりも、長期的な安心保証を重視するなら、正社員になることを検討してみてもよいかもしれません。