マツダ

【収入】マツダ本社工場の月収や年収、満了金や祝い金を解説!

マツダの期間工で働こうと思いませんか? 期間工で働くにあたって、最も気になるのは収入面です。マツダの期間工で働くと、どのくらい稼げるのでしょうか。

マツダの期間工は、基本給となる日給の額が1年目は少ないです。しかし、それでもきちんと稼ぐことができるあるカラクリがありました。

このページでは、マツダ期間工の月収や年収、満了金や祝い金などの収入面のカラクリについて解説していきます。

マツダの広島本社工場とは?

出典:マツダ

マツダには、広島本社工場防府工場の二箇所で工場を持っています。

本社工場は広島県広島市に位置するマツダのメイン工場です。期間工は、工場のラインの中で組立・組付け、プレス加工、鈑金・塗装、鋳造・鍛造などを行います。

給与体系は、広島本社工場も防府工場も全く同じです

マツダ本社工場の給料

マツダ本社工場の期間工の給料をみていきます。

マツダ本社工場の日給

マツダの期間工は、日給制度を導入しています。時給制度が1時間単位で給料が決められているように、日給制度とは1日単位で給料の金額が決まっていることです。もちろん、時間外手当(残業手当)や深夜手当は、基本の日給にプラスαで加算されます。

〜マツダ本社工場の日給〜

日給 8,020〜10,250円

マツダ本社工場の日給は、8,020円からスタートします。そして、6ヶ月ごとの契約更新時に日給の額が上がっていきます。日給額が上がるタイミングは以下の通りです。

初回契約更新(〜6ヶ月) 日給 8,020円
2回目契約更新(6ヶ月〜2年目) 日給 9,130円
5・6回目契約更新(3年目〜) 日給 10,250円

働き始めて半年間の日給8,020円は、期間工として働くには低い金額です。その後、契約更新を重ねると高額な日給へと変わります。

マツダ本社工場の時給

マツダは、日給制度を導入しているため、給料は1日単位で決まります。ただ、日給を実働時間で割ることによって、おおよその時給額を算出することができます。

〜マツダ本社工場の時給〜

実働7時間40分(7.66時間とする)
8,020円 ➗ 7.66時間 = 約1,047円

マツダ本社工場の時給は、最初の半年で約1,047円です。やはり日給と比例して、あまり高い時給とは言えません。ちなみに、3年目以降の日給10,250円で計算すると、約1,338円と高額な時給になります。

マツダ本社工場の月収

マツダ本社工場の期間工として働いた場合の月収例を計算します。

〜マツダ本社工場の月収〜

月収 301,978円

(内訳)
基本給・・・168,420円
残業手当・・・34,025円
休出手当・・・11,230円
深夜手当・・・26,500円
特定時間割増・・・7,032円
満了慰労金・・・21,438円
皆勤手当・・・20,000円
契約更新手当・・・8,333円
特別手当・・・5,000円

マツダ本社工場の月収例は、301,978円程度になりました。日給や時給は低い金額ですが、月収で計算すると30万円オーバーの高収入になっています。

そのカラクリの一つは、手当が豊富であることです。基本給に加えて、残業手当・休出手当・深夜手当はもちろんのこと、特定時間割増や契約更新手当、特別手当など、実に多くの種類の手当金が支給されます。月収には、満了慰労金と皆勤手当も月割りして計算に入れています。

月収は、公式募集要項に沿って、実働7.66h×21日・残業25h・休日出勤1日で計算しています。

月収の手取り額は?

手取り額は、上記の月収から税金や保険を引いた残りの額です。引かれものの金額は、個人によってばらつきがあります。これらをおよそ4万円とすると、以下のようになります。

〜マツダ本社工場の手取り例〜

月収301,978 ー 総支出 約40,000 = 手取り額 約261,978円

マツダ期間工の給料日

マツダの期間工の給料日は、10日締めの当月25日払いです。締めからの給与支給までの期間が短いため、財布がピンチの人には嬉しい制度です。

マツダ本社工場の満了慰労金

マツダ本社工場の期間工では、満了慰労金の制度があります。満了慰労金とは、一定の契約期間に対して支給される手当金のことです。ボーナスのように考えると良いでしょう。

マツダ本社工場の満了慰労金は、契約満了毎(6ヶ月毎)の支給です。金額は120,300〜153,750円です。満了慰労金の金額は日給同様に、契約期間毎に上がっていきます。

初回契約満了時 120,300円
2回目契約満了時 136,950円
3・4回目契約満了時 145,350円
5・6回目契約満了時 153,750円

満了慰労金は、最大で総額855,450円になります。満了慰労金の受給資格は、出勤率100%が前提です。うっかり仕事を休むことにならないよう、普段から体調管理をしっかりと行うようにしましょう。

マツダ本社工場の皆勤手当

マツダ本社工場では、皆勤手当の制度を設けています。1ヶ月の間出勤率が100%だった場合に、毎月2万円の皆勤手当が支給されます。毎日真面目に出勤するだけで、年間24万円の手当がつきます。

マツダは、入社してからすぐに10日の有給休暇がもらえます。他のメーカーでは、入社後半年で有給をもらえるところがほとんどです。

有給がもらえることで、皆勤手当が取りやすくなります。なぜなら、急に体調を崩しても、有給を消費することで欠勤扱いにならないからです。そのように、皆勤手当がとりやすい環境にあるのがマツダのうれしいポイントです。

マツダ本社工場の手当

マツダの期間工は、基本給が低い分だけ手当がかなり豊富です。下記で紹介しきれない細かな手当もまだまだあります。

数多くの手当に該当する人は、その分だけ月収や年収の額が大きくなります。

時間外手当(残業手当)

時間外手当とは、残業手当のことです。残業時間に賃金が割増されて支払われます。時間外手当の割増の割合は30%増です。時給1,047円で計算すると、以下の通りです。

〜時間外時給(残業時給)〜

1,047円 × 1.3 = 約1,361円 

上記の月収例のように月25時間の残業があった場合、時給1,361×25時間=34,025円となります。残業代だけで月収34,025円のアップとなります。

休出手当

休出手当は、休日出勤した場合に賃金が割増される手当のことです。

休出手当の割合は40%増です。作業は同じでも、休日に働くだけで賃金が1.4倍になるため、非常にお得ですね。時給換算すると以下の通りです。

〜休日出勤時給〜

1,047円 × 1.4= 約1,466円 

通常の日給
1,047円 × 7.66h= 8,020円

休日出勤の日給
1,466円 × 7.66h= 11,230円

1日に同じ7.66時間働くとしても、休日出勤の場合は3,210円も多く賃金が支払われます。休日出勤は、体力的にはしんどいですが、収入に直結するため頑張って働きましょう。

深夜手当(夜勤手当)

深夜手当は、深夜の時間帯の労働において、賃金が割増される手当です。夜勤手当と呼ぶこともあります。22時〜5時までの間に適用されます。

マツダの期間工が高収入になるカラクリのもう一つが、深夜手当の異常な高さです。深夜手当は50.595%増です。他のメーカーの深夜手当が25%増や30%増であることに比べると、マツダの50.595%増がいかに高いか分かります。

時給にすると以下の通りです。

〜深夜時給〜

1,047円 × 1.50595= 約1,577円 

深夜の時間帯は、通常の時給より530円アップということになります。上記の月収例のように、月に50時間の深夜労働をすると、深夜手当だけで26,500円分つくことになります。

530円 × 50h= 26,500円 

特定時間割増

働く時間が、所定の時間にかかると特定時間割増がつきます。

〜特定時間割増時給〜

5:00~07:2519:30~22:00の時間に賃金28%増
1,047円 × 1.28= 約1,340円 

特定時間帯割増の該当時間では、通常の時給より約293円アップということになります。上記の月収例のように、1ヶ月トータルで24時間分特定時間にかぶるとすると、特定時間帯割増分だけで7,032円つくことになります。

293円 × 24h= 7,032円 

契約更新手当

マツダ本社工場の期間工では、契約更新手当があります。

契約更新手当とは、契約を更新、つまり継続して働き続けてくれる人に対して支給される手当金です。会社としては、短期間で辞められるより、長期で働いてもらった方が助かります。そのため、契約更新に対する手当金を設定しています。

金額は6ヶ月契約毎に5万円です。月割りして考えると、1ヶ月あたり8,333円の収入になります。

特別手当(夏季・冬季)

特別手当は、夏季と冬季の年2回支払われるボーナスのような手当金です。

期間工は、非正規雇用であって会社はボーナスを支払う必要はありません。しかしマツダは、期間工員に対して特別手当を支給するあたり、労働者にやさしく高待遇なメーカーと言えるでしょう。

支給額は1回3万円年間6万円です。月割りして考えると、毎月5千円のボーナスが入ってくる計算になります。

経験者手当

マツダは、経験者手当を導入しています。

マツダの期間工での経験がある方には、手当金として10万円支給されます。一度マツダの期間工で働いたことがある方は、もう一度マツダを検討してみるのも良いかもしれません。

食事補助

マツダの期間工は、入社してから6ヶ月目まで食事補助が支給されます。

金額は月1万5千円です。最初の半年間は支給されるため、総額で9万円の支給となります。毎月食事代が1万5千円分浮くため、非常に財布に優しい制度と言えます。

マツダ本社工場の年収

マツダ本社工場で働いたときの、年収例をみていきましょう。

年収400万円以上は十分に可能

マツダ本社工場の年収は、上記の月収例を12ヶ月分と考えて算出します。

〜マツダ本社工場の年収例〜

月収301,978円 × 12ヶ月 = 年収 3,623,736円   

マツダ期間工の年収計算すると、3,623,736円 になります。

マツダは、基本給である日給や満了慰労金が、長く勤めれば勤めるほど高くなって生きます。それに比例して、年収も右肩上がりとなっていくでしょう。

初年度も、入社祝い金や食事補助を加算して考えると、年収400万円以上も十分可能です。募集要項には、「未経験での初年度年収見込み420万円以上」との記載があります。

入社祝い金が高い時に申し込むことで、かなりの高収入を実現することができます。

半年で241万円稼げる

マツダ本社工場で期間工とした働くと、普段の月収や入社祝い金、様々な手当を加算して半年で最大241万円稼ぐことができます

マツダの契約更新は6ヶ月毎なので、すぐにまとまったお金が欲しい人は、短期の半年で働くのも良いかもしれません。

マツダ本社工場でいくら貯金できる?

マツダ本社工場で働いた場合、貯金はいくらできるのでしょうか。

上記のように、半年で最大241万円稼ぐことができます。そこから、社会保険や生活費を引いて貯金額を算出します。マツダは、寮が完全無料なので、家賃や水道光熱費がかからないのが大きいです。

基本的な節約を意識して生活することで、半年で150万〜200万円の貯金が可能です。

最初の半年で150万円、残りを半年毎に100万円貯金したとすると、3年間の満了で650万円程度は貯金することができます。もちろん、普段の生活の節約の具合で、さらに貯金することは可能です。

マツダ本社工場の入社祝い金

期間工で働きはじめるときに、入社祝い金がもらえる場合がありあます。

入社祝い金とは、その名の通り期間工として入社する際に給付される手当金のことです。マツダ本社工場の期間工では、入社祝い金を総額45万円ほど配布していて、お得な制度となっています。この金額は非常に高額で、他のメーカーの入社祝い金と比較してもトップクラスの金額です。募集時期によっては、一時的に上下することもあります。

しかし、入社祝い金は必ずもらえる訳ではありません。入社祝い金をゲットするための方法があります。

入社祝い金をお得にもらう方法

入社祝い金をお得にもらう方法は、派遣会社経由で自動車メーカーに雇用されることです。派遣会社経由で申し込み、入社祝い金を手に入れる仕組みを解説します。

〜派遣会社経由で入社祝い金がもらえる仕組み〜

1、自動車メーカーは、期間工の人員を確保するために、お金を払って派遣会社に依頼します。

2、派遣会社は、必要な利益分を取った後に、入社祝い金をばらまいて募集をかけます。

3、派遣会社を経由することによって、私たちは高額の入社祝い金をもらうことができます。

期間工で働くなら、このように派遣会社を経由するようにしましょう。きちんとした方法で申し込んで、高額な入社祝い金を確実にGETしましょう。

入社祝い金はいつのタイミングでもらえる?

入社祝い金は、いつのタイミングで手に入るのでしょうか。入社祝い金といっても、その金額はいくつかに分類されます。その種類によって支給のタイミングが違います。

  • 選考会参加 10万円支給(派遣会社より支給)
  • 入社祝い金 20万円支給(派遣会社より支給)
  • 入社祝い金 15万円支給(マツダより支給)

これらの金額を総合して、入社祝い金合計45万円としています。

派遣会社より支給される祝い金は、選考会後数週間〜入社後数週間に支給されます。入社時期やタイミングによって支給時期が変わるため、詳細は派遣会社に確認が必要です。

マツダから支給される入社祝い金は、初回給料日2回目の給料日に支給されます。これも、入社のタイミングによって変わってくるため、正確に支給日を知りたい場合は会社に確認する必要があります。

まとめ

  • マツダ本社工場の日給・・・8,020〜10,250円
  • マツダ本社工場の時給例・・・約 1,047〜1,338円
  • マツダ本社工場の月収例・・・301,978円
  • マツダ本社工場の年収例・・・3,623,736円(入社祝い金等加算して400万以上可)

マツダ本社工場は、基本的な日給は低いものの、総合してみると高収入となっている期間工です。マツダが高収入となるカラクリは、「手厚い手当」「非常に高い深夜労働」「高額な入社祝い金」等です。

入社祝い金が高額というのが重要なポイントです。最初の半年で大きく稼ぐことができるため、短期で働くのもおすすめです。しっかりと派遣会社経由で申し込むことで、高額な入社祝い金を手に入れるようにしましょう。